ユニバース

アート・コンテスト:ジャッド対リンダ!

War Robots作 - 4.07.2019

2080年代に地球で大変動が起きたとき、多くの人々が惑星に残ることを選んだ。一人の著名な慈善家が、そこで暮らしていくことを決意しました。たった一人で。

彼はそこに永住するつもりだった。地下に保管庫を建設し、大切なものをそこにしまった。その多くは芸術品と最新の工学の成果品だった。地下室の建設は、まるで自分の墓を建てたようなものだという人もいるかもしれない。だが、もうその墓も年月を経て風化し、見つかるような状態ではない。

熱心な探検家であり、地球に残る遺物の専門家でもあるLinda CanoJad Parkesが、今墓地に向かっている。その中で、特に目を見張るものが二つあった。

始皇帝の伝説の兵馬俑が保管庫に残っていたのだ。これは彼が人々にきちんと保管することを約束して引きとったものだ。確かに保存状況は素晴らしい。大変動の後でも、2142年の兵馬俑は全て揃っている状態で保管されるそうだ。

Bastion — 大変動の前に製作された数少ないロボットのうちの一つ。当初は建設機械として製造されていたが、数種類のプロトタイプを経て現在の姿になった。その後、SpacetechのエンジニアたちはRaijinの製作で培った経験を活かし、Fujinを作った

これでトレジャーハンターは二人になった。例の保管庫も目的地だ。最初に獲得したものの勝ちだ。勝者を決めるのは君だ。

チーム紹介

Lindaと遺物ハンター

#teamLinda

Lindaは、大変動後の地球に残った芸術品を修復して販売している。

新たな火星文化も地球の文化に基づいているが、地球文化の伝承者は未だに不明だ。その謎を解く遺物の多くは地球に残っている。

かつての枠組みは、過酷な惑星の状況と企業のイデオロギーの圧力の下、不可逆的に変容してきた。だが、火星での状況の問題が解決されてから、「古代」文化での関心が再び高まった。つい最近、パイロットと探検家のLinda Parksが保管庫のことを知った。

Jadと機械考案者

#teamJad

Jadは古代地球に残された技術を探しに行く2141年の技術は最先端を行っているのに、なぜ古い遺物に関心が寄せられているか疑問に思うだろう。地球の技術から、まだ学べることはたくさんある。歴史学で新たな発見につながるかもしれないし、エンジニアや科学者の勉強材料にもなる。人間が地球から去った時、多くの物が残された。例  えば、火星での生存にあまり役立たなかった実験的技術もあるし、荷物が多すぎて輸送できなかったものもある。例えば、Bastionは研究のしがいがあるのも知られていない。

もちろん、Jadが手に入れたがっているBastionは、Lindaが見つけたばかりの保管庫に入っている。

コンテストのルール

JadとLindaの戦いは、単なる個人的な因縁からくるものではない。その要因は、観念的だ。芸術vs 科学。感覚vs 理性探求心vs 実用主義。

LindaとJad、正しいのはどちらだろう?君が共感するのはどちらかな?

決着をつける時がきた... みんなにどちらを支援するべきか示そう!知識は技術より重要であることを皆の前で証明するか... 力は知識よりも強いことを証明しよう。好きな方を選ぼう!

目標

チームを選んでそして最高のポスターを作成して!7月22日まで作品をcommunity@warrobots.comに送ってください。

賞品

両チームの上位入賞者にリンダ、ジャッドそしてその二人のロボットFenrirとMercuryをプレゼントします!

引き続きサービスをご覧いただくと、弊社のクッキーの利用に同意したことになります。クッキーポリシーの詳細は、こちらに掲載されています

К сожалению, браузер, которым вы пользуйтесь, устарел и не позволяет корректно отображать сайт. Пожалуйста, установите любой из современных браузеров, например:

Google Chrome Firefox Opera