ユニバース

傭兵のトレーニングキャンプ。2132年

作者 - War Robots

「ビーコンを手に入れた。次はどこ、ロジャーズ?」

他の士官候補生は彼らの最初のロボットを爆破させるのに忙しいので、カイル・ロジャーズはしばらくの間注意を払うのを止めた。文明の影も形もない火星の荒れ地を彼が見たのは初めだった。岩の多い斜面、真っ赤な砂...何マイルも広がる他に何もない周囲の大地。どうやら...

「カイル、起きて!ミックとアローナがBを占拠してる!」

ロジャーズはたじろぎ、はじめて地図を見始めた。相手は見事に側面を確保していた。しかも短時間の間に。さらに数分後、彼らが勝つためにはいくつかの奇跡に頼る必要があった。

銃を握って、ロジャーズ。「ラグナ!中央!」

ラグナはそれだけで全てを理解した。ネオンが点滅し、彼女の訓練用Boltは標的に向かった。

「押しまくれ!」・・・ラグナは気持ち良いぐらいコーナーショットを決めていたGolemを吹き飛ばした。パイロットは存在にする気付いていなかったため、ロジャーズは近くに着陸し、爆破させた。状況が落ち着くと、キャビンが瑠璃色に光った。やりやがった!

カイルがそう吐き出し、残りの弾を壁に向かって発射した。教えられた通りに。

全ての武器をリロードさせた途端、一つの影がロジャーズに近づく。アローナはその動きに数分前から気付いていたが、彼女はNatashaによって丘の上まで移動させられていた。

重量の機体、4体の銃、5つの層でできた寄せ集めの鎧(訓練用ロボットはすべて残骸から何度も何度も再構築されており、プロセスはトレーニング施設で最適化されている。)爆発と噴出... ロジャーズは強く椅子に叩きつけられた。火星の重力と練習用の装備を持ってしても、多くの士官候補生はカタパルトから回復するのには時間を要する。

...鋭い笛の音。エンジンの轟音?それとも...ワシ?火星にワシはいないが、ロジャーズは図書館の資料で見たことがあった。「誰か鳥を飼い始めたのか!」と気絶する寸前でロジャーズが笑いながら言った。

彼がダッシュボードで次に目にしたのは、アロナの眼前にダイビングするGriffin、そして彼女を押しのけている瞬間だった。ロジャーズはGriffinのパイロットに個人的に会ったことはないが、彼らの功績については耳にしていた。「トレーニング後に彼と話しに行かないとな...それとも『彼女』かな?」...ロジャーズは頭の中で何か考えた後、目を地図に向けた。

いつも通り、心配するべきことは何もなかった。チームは全てを統制下に置いていた。

引き続きサービスをご覧いただくと、弊社のクッキーの利用に同意したことになります。クッキーポリシーの詳細は、こちらに掲載されています

К сожалению, браузер, которым вы пользуйтесь, устарел и не позволяет корректно отображать сайт. Пожалуйста, установите любой из современных браузеров, например:

Google Chrome Firefox Opera